読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015.03.04

8時過ぎに起きて、近所のおいしいパン屋さんにいく。

雨は上がっていた。嬉しい。

「朝早くから偉いわねえ、学生さん?」なんて、声をかけてくるおばちゃんは、役者の子の小学生のころの同級生のお母さんで、そういう、ずっと続く、地元のお店というものに、とても心惹かれる。

 

f:id:CAPPE54:20150304224052j:plain

 

のんびり過ごして、坂の上の公園の、梅やら、菜の花やら、池やらを、ぼんやりと眺めつつ、曇りだったのに、だんだんと気持ちのいい晴れ具合で、何度もベンチに腰かけては、「いいねえ」って言い合っては呆けていた。

f:id:CAPPE54:20150304224333j:plain

f:id:CAPPE54:20150304224436j:plain

 

午後は東京北部まで出ていって、あさってからのイベントでご一緒する参加団体とスタジオ稽古。

イベントに参加してくれる団体のお芝居をみて、気が引き締まるような思いだった。

楽しいなあ、と思いつつ、でもこれだけでやっていくような気持ちにはやっぱりならないな、ともなんとなく、はっきり分かった気もした。なぜだか。

きょうはここへの写真の上げ方がやっとわかった。

けっこうがんばって稽古をしたからくたびれていることだし、写真をたくさん貼付けて、文章を少なめにしてごまかしてやろうと思っている。

f:id:CAPPE54:20150304225222j:plain

 

日没より、すこし前。スタジオでの合同稽古が解散したあとは、三駅ほどまた電車に乗って現地にいってみる。かるく打ち合わせをして、てきとうに商店街をぶらぶらする。勝手に写真を撮っておばちゃんに叱られたり、そこのコロッケが旨かったり、あざとい猫にすり寄られてあっさりでれでれしたり、美味しいお蕎麦を食べたりして、眠たくなって解散した。

f:id:CAPPE54:20150304225431j:plain

 

あしたはお芝居の準備。

現地にテントを建てます。

あさってからははやくも本番。

たのしみだ。

ぜいたくなことに、すこし面倒くさくもある。

そうだ、これだよ、これ。

「生きてる」って、気がするぜぇ。