読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015.03.09

自分は軽度のADHDなんじゃないかと半ば本気で疑っている。

一つのことに集中することができない。
かといってマルチタスクを順序良くこなすこともできない。

マルチタスクは脳の劣化につながるという記事を読んだ。

たぶんぼくはあっちゃこっちゃに気を散らし、散らかしたまま進んでいってしまうから、結局何も片付かず、いろいろなことをすっかり忘れてしまって、ただただ消耗していくのだろう。
僕は、不完全なマルチタスクで稼働しては頻繁にエラーを起こす、そんな困った代物なのだ。

僕の今年の目標は「身体に興味を持つ/動かしてみる/気をつける」なのだけれど、いまのところミシマ社の『近くて遠いこの身体』と『スペクテイター』の「ボディトリップ」特集を拾い読みして気持ちを高めるだけにとどまっている。
もともと『近くて遠いこの身体』を手に取ったのも、内田樹の『バガボンド』論が好きで、その内田樹先生のツイッターだかで知ったのだった、たしか。そんなこんなで古武術に興味があったので、もともとは合気道を始めようと思っていたけれど、初期費用にとためていたお金が事故で吹っ飛んでしまった。それでなんとなく合気道への気持ちはすこし身を潜めてしまった。

僕は「流れ」みたいなものをわりかし信じる。
いま、こうしていることが、過去の何気ない言動と地続きであることに思い当たっては、人が生きる道は必然というか、「なるべくしてなるのだ」というような感動を覚えることがよくある。いま歩いているこの道も、いずれ定められたあるべきところに落ち着くのだろうと、本気で僕は信じている。
気に流れを捉えてそこにうまく身を委ねる、合気道に惹かれたのはそんなところだった。
そしていま、「合気道はすくなくともいまではないな」と思うのも、ここ最近の「流れ」がそう示しているように感じるからなのだった。

身体の内側をからっぽにして、気の流れをうちに取り込む。ヨガや座禅へと興味はうつる。
ヨガも座禅も体験教室みたいなのには出かけてみた。
二つは驚くほど似ていた。
まずふたつとも、その根幹にあるものは呼吸法なのだ。
自らの律動を整えて、外にひらく。
雑念を排して、この身体、この所作、この呼吸のリズムに意識を集中し、いま、ここ、にしっかりと足をつける。

これにははっとした。

自らを軽度のADHD患者であると信じこむ僕にとって、ヨガあるいは座禅は、長年悩み続けた自分の欠点をすこしでもましにすることができるのではないか。つまり「ひとつのことに、いあまいる場所に集中する」訓練が出来るのではないかと思い当たったのだ。ここに「流れ」を感じた。ご縁があるかも、と感じた。
それにヨガはきれいな女の子も多そうだし、と。けれどもその分男性が入れるところも少ない。休日が変則的な仕事だから、男性可のクラスが曜日固定で一日しかないようなところでは続けられない。そもそも月謝を払っていくお金の余裕がないのだった。

座禅はたしかに家でもできる。しかしこちらはもともとの「からだが思うように動かなくなってきたし、小学校に体育以来自己肯定感の敵でしかなかったスポーツに、ここは一度打ち込んでみるか」という決意が期待していたような、汗を流す喜びがない。ストレス発散、デトックス。そういうものも欲しかった。

そこで一度ADHD療養についてはわきにおいて、汗を流すことだけを考えた。
高校生の頃は自転車通勤で、部活もやっていなかった僕は帰り道何キロも寄り道をした。
となり町のジャスコまで行って、そこのシネコンで映画を観たりした。
あの黙々とペダルを漕いで風を切っていくのは気持ちよかったな。
そう思い、お金を貯めてクロスバイクを買おうと決めた。最近買ったカメラを持って、休日はサイクリングに出かけよう。いく先々で写真を撮ろう。それはすごく楽しそうだ。
自転車であれば、いちど買ってしまえば月謝もない。
ロードバイクほどガチでなくていいし、ママチャリじゃあ遠くまで行けない。クロスバイクが良さそうだ。
夏が来る少し前、そんな時期までにお金も貯まるだろう。

やっとやることが決まった。座禅と自転車と写真だ。
しかして、夏までの間今まで通りごろごろ過ごすのも味気ないし、焦りもある。
この身体はもう手遅れなほど鈍になっているのだ。

リビングでなにげなく『スペクテイター』を読み返すと「禅ランニング」という記事に目が止まった。読んでみてこれしかないと思った。深い瞑想状態を追求しながら汗も流せる。
走る禅という考えのなんとそそられることか!
それにランニングなら安くすませようとおもえばいくらでもできる。せっかくだから1万ちょっとで安物のジャージとスニーカーくらいは揃えるか。お金を払って道具一式揃えたほうが、もとをとらなきゃみたいな義務感も生まれて、少なくとも3日では終わらせられなくなるだろう。安物のスニーカーを履き潰すほどうまくハマったら、自転車をやめて良いスニーカーとか買っちゃおう。

お弁当、ブログに続いて、走ることを習慣化しようと思う。
特にわかりやすい節目やきっかけで始めるよりも、ごくごく些細な、個人的な気持ちの盛り上がりに乗じて始めてしまった方が長続きすると知っているので、さっそくはじめよう。

あした、晴れたら、気分がよければ、スニーカー買いに行こうっと。