読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015.03.18

昨日あんなに残っておきながら仕事が終わらなかったので今日は早出。

早起きは辛くないのだけど、いかんせん朝がはやいと電車が混んでいる。

今朝ははっきりしない天気で気圧も低く、コンディションは最悪。

大多数の側にいるというのは、「混んでる」ということなのだよな。久しぶりにラッシュ時の電車に乗っていて思った。多数決の勝者として、安心や安定だと思っているものは、ただぎうぎうに詰め込まれて進退きわまってるだけかもね、なんて。

会社で自分の能力のなさや段取りの悪さをぜんぶひとに転嫁できる都合に良さに呆れつつも、それでも怒れる側がなんとなく正しいと見えてしまうこの職場が嫌いだなと思う。
それを会社を上がってから、異動してしまった好きな先輩と、気の合うしょうもない同期と三人で、やや季節外れになってきた鍋をつつきながらこぼす。
あの人は誰かしらターゲットがいないとダメだからねえ、あたしも一時期はいじめられてたもの。と先輩は言って、ああ、やっぱり俺っていじめられてるんだよなあと気がつく。まあ、それだけのこと。どうでもいいことは驚くほど心に響かなくなった。こうしてこぼさず、じっと溜め込んでしまうと膿んでしまいそうだけれど。
裏でこうしてヘラヘラできるからいい。

人に厳しく自分に甘い、声だけ大きな勝手な人に、正しさを全面的に受け渡すことはもうやめた。
こっちだって怒っていいんだと納得できたことはだいぶ働くことを楽ちんにした。

まだ家に着かない。

これから家まで歩くのしんどいなあ。