読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015.11.06

休日のいまは午前9時50分。

同居人を送り出した5分後には、回していた洗濯機が仕事を終えて、ラジオをつける。

ぼんやりと聞き流しながらすっかり干し終える頃には陽射しは気持ち良く強くなって、寝間着の半袖ティーシャツにパンツという無防備な格好でも暑いくらいだった。

こんなにきもちのいい陽射しは久しぶりだった。

そういうわけで、ベランダに日向ぼっこに出ることにした。

部屋の中から椅子を持ち出して、いちおうきちんと外行きの格好に着替える。

せっかくだから陽にあたりながらものでも書こうと、オンボロのMacBookはガタピシいいながら膝の上でがんばっている。

そうして腰を落ち着けたのが午前9時50分。ここまで書いて、いまは9時58分。

Macは文字の変換にいちいちもたつくのだ。

午前いっぱい干せば乾くだろうか。嬉しい天気だ。

ここでふと観たかった映画の配信が今日いっぱいであることに気がついたので、洗濯物が乾くまでそれをみて過ごそうと思う。

 

(午前10時02分。中断)

 

正午を少し過ぎたところ。

映画を観た。

バートリ・エルジェーベトの鉄の処女伝説に基づいた映画。

大好きな女優、ジュリー・デルピーの映画。彼女が脚本・監督から主演はたまた製作・音楽まで手掛けているという。

ぞくぞくするほど美しい映画だった。

ダニエル・ブリューリュのお尻の滑らかさと、執拗に繰り返されるジュリー・デルピーの手のショットに、老いに対する彼女の美意識としんと冷え切った洞察が込められているようで気持ちがひりつく。

この人はほんとうに美しい歳の重ね方をしている。

美しいものはおそろしい。

美しいものへの畏れを忘れかけてどれだけ経っただろう。

そういうのは中二病っぽいしもう卒業しよう、なんて思ってここ数年ご無沙汰だったはずなのに、

悪徳や退廃、フェティシズムへの憧憬が、またむくむくと興ってきていて、『城の中のイギリス人』だとか、『夜のみだらな鳥』だとか、『O嬢の物語』あたりを読み漁りたいような気持ちでいる。

きっと今の生活が安定してきたからだ。

平穏な退屈と余裕があってこそフェティッシュに耽溺できる。

快楽主義者とは高雅なものなのだから。

 

気高い快楽主義者はさっぱりと乾いた洗濯物を取り込みながら、伯爵夫人を演じるジュリー・デルピーマッツ・ミケルセンに似ていたな、マッツが主演の『ハンニバル』の屍体の撮り方はそれはとても美しいんだ、などとうっとりとした。

所帯染みたいまだからこそ存分にデカダンスを弄ぶことができるのだ。勝ち誇ったような気持ちで下着を畳み、衣装ケースにしまいこみ、鼻歌を歌っている。