読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015.03.19

けっきょく昨晩は雨も降っていて、気力が折れたので同居人に車で駅まで迎えにきてもらった。

体はすでに眠っているのに頭だけやけに冴えていて、夜遅くまでいらない書類を捨てたり、名刺を整理したり、だらだらしてから午前2時過ぎに就寝。

 

 

きょうは11時に待ち合わせ。

待ちぼうけをくらって心配した友だちは同居人に連絡をしたらしい。

連絡を受けた同居人に慌てて起こされたときにはすでに11時38分。

焦った。

社会人始めてから初めて多寝坊した。

俺としたことが。

「何をやっているんだ俺!恥ずかしくないのか!まじめにやれ!仕事じゃないんだぞ!」と自らを失跡しながら2時間の遅刻。

懐かしい町でのんびり食べて、歩いて、おしゃべりをした。

f:id:CAPPE54:20150319231553j:plain

寝坊したことを差し引いても、あっという間に時間が過ぎる。

のんびりゆったりしているだけなのに、2時間単位で時間が吹っ飛ぶ。

いい時間だったんだな。

 

人の歩いてきた道や考えていることを聞いて、こちらの生活や考えを話す。

それに触発されて、むこうも語りを返してくれる。

そういうお喋りは、ほんとうに満たされる。

お喋りに満足しきっているのでここにはもうあんまり書く気がしない。

お腹も心も満足しきる、良い休日だった。

f:id:CAPPE54:20150319231520j:plain

21時過ぎにはおわかれをして、乗り換えで間違えて武蔵小杉行きに乗ってしまったから帰りが15分くらい遅くなる。そんなことはなんてことない。

 

帰って写真をパソコンに取り込んで、ジャージに着替えて軽く走りにいく。

雨だったりで三日ぶりくらいだろうか。

BGMはiPodのスリープタイマーを15分に設定してマイルス・デイヴィスの『Doo-Bop』

気持ちいい音を浴びながら無心で走る。

ひとつまたひとつと浮かんで来る心配事や腹立たしい出来事を、ひとつひとつ単語カードのようなものに書き出していくようなイメージで描き出していき、それをいちいちひとつひとつ破棄していく。

そうやってどんどん走ることだけに意識が研ぎすまされて来る。

まだふくらはぎと背筋だけで走っている感じがする。

 

気持ちよく汗をかき、熱いシャワーで流して、いま、こうして書いている。

競争嫌いと運動嫌いは違うんだと思う。

走ることがなんとなく日々の楽しみになっていて、自分でも驚く。

 

年を食って頭が凝り固まらないうちに、なるべく「ほんとうに嫌いなもの」と「嫌いなもののとばっちりを受けて、嫌いだと思い込まされているもの」とをちゃんと見分けて、好きになれそうなものや、興味を持てそうなものを増やしておきたいな、と思う。

 

きょうはここまで。

かるく読書をして、さっさと寝よう。