読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015.05.23

ついに一週間以上ブログをさぼってしまった。

「毎日書く」という目標は一応続いている。月曜日にお芝居の稽古をするので、そのためのテキストをつらつら書いているのだ。

こうして身近にあったことや、ふと浮かんできた雑感をぼんやり書くことと、創作をすることとは、いくら力を抜いてやってもやっぱり別物で別の筋力を使う。

書く筋力にも種類がある。

いまこうして書いているのはほんとうに基礎的な体力作りという感じがする。

 

とにかく、どんどん語る言葉がなくなっていく。

最近知り合った人で、この人と話したいな、と思って誘ってみても、たあいもない恋バナだったり仕事の愚痴だったり、つまらない話しかできなくなってきているように感じることが多くて、悲しくなってしまう。もっとあなたはどんな子供だったのかだとか、こんな映画を見てきただとか、明け方までこんな本を読む耽っていただとか、さいきんはこの音楽は聴けなくなってきただとか、そういう話がしたいんだよ。

 

三日くらい前までそういう風な言い訳を書き進めていて、とにかくもう俺はおしゃべりじゃないからあんまりブログをかけないんだ、と言おうと思っていたのだけれど、ここ三日くらい夜遊びばかりしていて、そもそも家に帰るとすぐに寝てしまう。

寝てしまうと文章は書けない。

夜遊びしながら何をしてるのかって、おしゃべりをしていて、なんだ、結局、好きな人たちの前ではいまでもべらべらべらべらとしょうもないことばかり喋りっぱなすのだな俺は。

おしゃべりになる相手を選ぶようになっただけだ。

そう思って、あきれたように安心した。

いつだって、そう簡単に人は変われない。

では、こちらにはどんなことを書いていこうか。

 

ちょっとそんなことを考えながら、また書き始めていこうと思う。

ではこちらには